ネットビジネス

【超失敗談】物販ビジネスで重要なポイント3つ!

更新日:

https://malulog-jp.com

Pocket

 

 

 

こんにちは!まるです!

物販ビジネスのやり方を調べてみると、方法はいろいろあるのですが
今、私がやっているのは、中国から輸入してメルカリとネットショップBASEでの販売。

 

 

 

意識して見てみるとメルカリでもBASEでも
中国製品はたーくさんあるのです!

もうほんとにたーーーーーくさん!

 

 

 

 

携帯の画面保護フィルムだったり、

アパレルだったり

電子機器だったり。

そして結構売れている。

 

 

 

 

だけど注目してほしいのは、タイトルにも書いた通り
下記の『物販ビジネスで大事なこと3つ』

 

・売れている商品の利益率

・ライバルが何人いるか

・【超失敗談】季節に左右される商品かどうか(特にアパレル)

 

この3つが思い浮かびました。

3つめの私の失敗談は今思うと呆れるくらいの凡ミスです。ぜひ読んでみてください。

 

 

 

 

 

 

売れている商品の利益率

 

これは、自分ひとりで作業するには限界があったり、
梱包発送で時間をとられてしまう薄利多売なものはなるべく避けた方が良いからです。

仕入れ値と送料などの経費を引いて、100円のものを100個売るか、
1000円のものを10個売るかだったら、作業効率的にも後者ですよね。

 

携帯の保護フィルムなんかが、
典型的な薄利多売商品だと思います。

需要はかなりありますし、私も実際買ったことがあるので売れ筋商品ではありますね。

売れるとわかっているので、その分ライバルも多く、初心者も手を出しやすいです。

 

保護フィルムくらいなら、切手貼って定型郵便で送れると思いますが、割れるといけないので、丁寧に梱包しないといけないし、発送作業って正直かなり面倒なんです(´;ω;`)

私なら1000円のものを10個売って
空いた時間には違うことをしたいかな~~と。

 

 

 

 

 

 

ライバルの有無

 

2つ目はライバルがいるかどうか、いたとしたら少ない方が良いこと。

売れている商品を探して同じ物を売る手法を、相乗り販売と言いますが、
メルカリでもAmazonでも、相乗り販売は必ずと言っていいほど価格競争が起きる!

消費者目線では、同じものを買うんだったら10円でも安い方が良いですよね?

販売者からすると、10円安くして買ってくれるなら安くしたいところ。
そこからライバルとの価格競争が始まり、100円200円と安くなって、結局利益がかなり薄まるってことになりかねません。

 

そんな価格競争相手は少ない方がいいので、
これまた携帯画面保護フィルムのようなライバルが多い商品は私は選びません(+o+)

実際メルカリをリサーチしていて、私が仕入れたものと同じような商品が安くで売られていると、値引きした方がいいのかどうしようか悩みます('_')

そんなときは商品の説明欄を充実させたりして、少しでも差別化を図らないといけません。

 

正直メルカリは輸入転売をする出品者が作業のキャパオーバーになって、返事がそっけなかったり、検品不足で不良品が届いたりすることも多々あります。
しっかり検品したり、対応を感じ良くすることで、良い評価をもらい続けるのも、今後購入してもらうためには重要です。

 

 

 

 

 

 

 

季節に左右される商品かどうか

 

これ、私は失敗しました…。(笑)

季節は冬のことでした。

 

私が当時中国輸入のド素人で、初仕入れしようというとき。

リサーチのリの字も知らず、何を輸入するかすら決まっていませんでした。

 

 

 

そこで私が決めた仕入れ商品は、なんと水着

 

 

 

なぜ冬に水着?と今なら思いますが、ちゃんと理由はあったのです!(笑)

私は海外旅行が好きで、海外に行くなら常夏のリゾートでしょ!という考えの持ち主です。

 

冬にリゾート地へ行くならみんな水着買うでしょ!

 

はい、ということで、水着になったんですね。

実際メルカリを見ても結構売れているイメージでした。

ただ1点問題が。
私が仕入れた水着って、日本人が好むようなデザインなんです。

 

だけどよく考えてみたら、日本の季節は冬なんですよね。
水着着て海とか行かないですよね。とゆうか、行けないですよね。

 

 

 

何が言いたいかというと、

冬に売れるのは日本人好みのデザインではない!

 

 

 

どういうことかと言いますと、リサーチしてわかったのですが、
冬に水着を買う人って海外旅行が多いですよね。

海外で体型が隠れるような日本人好みの水着を着ている人ってあんまりいません。

そして冬に常夏リゾートで水着を着る人&メルカリで購入する人は若者!

 

ということは、冬の売れ筋水着は、露出多めのブラジリアンや、
海外モデルが着てそうなちょっと変わった色やデザインだったのです!

 

大誤算~!

 

だけどめっちゃ勉強になりました!
夫に相談した結果、そのときの在庫は夏まで眠らせることとなりました…。

 

こんな感じで季節に左右される商品は在庫を抱えるリスクがあります。

今後売れてくれればそれでいいし、数が少なかったので良かったですが、
私のように誤算してしまうと、資金繰りと場所の確保が大変になります(+o+)

感覚で仕入れてはいけない…。

リサーチ不足を身をもって体感したのでした。

 

 

私も利用しているアパレル専門の仕入れサイトトップホールが
キャンペーンとして、今なら月額会員費3,000円が入会月・翌月無料になっていました。
2ヵ月間無料はかなりお得!

TOPWHOLE

  • この記事を書いた人

まる

根っからのぐうたら1児の母。 アイスクリーム大好き。 育休中に会社が倒産。保育園に入れることが出来なくなり、家事育児に追われる中、無料ネットショップを開設。3カ月で月利益10万円達成。 現在はネットでいかに楽して稼げるようになるか模索中。(わりと真剣)

-ネットビジネス

Copyright© まるろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.